JAPAN 三陽 NEWS
  2003年 12月号
増え続ける自動車盗難 今年は過去最悪ペース
 自動車盗難件数が今年に入ってから過去最悪のペースで推移を続けている。警察庁統計によると今年1〜9月における自動車盗難件数は前年同期比6.7%増となる4万8839件で、すでに99年における年間の自動車盗難件数を上回る水準に達した。車両盗難増加の背景には盗難車の不正輸出なども指摘されているが、車両盗難件数の3件に1件がキーを付けたままでのケースになっており、ユーザー自身の危機意識の低さが最大の要因となっている。現在、8分間に一台の割合で車が盗まれているといわれており、このままでいくと史上最悪の盗難件数を記録することが確実視されている。年間の自動車盗難件数は98年まで3万5千件程度で推移してきたが、その後3年間でおよそ1.8倍にまで悪化した。地域的にみると愛知県が前年同期に対して大幅に増えトップの大阪に肉薄。また昨年は改善傾向を示していた千葉県、神奈川県、埼玉県、東京都が悪化に転じている。ここ数年で件数を急激に増加してきた自動車盗難には規制緩和で簡素化された中古車輸出手続きを悪用した不正輸出や、盗難車の売買が暴力団の資金源になっているなどの背景がある。実際、車両盗難が外国船の出入りのある港が近隣にある地域で目立っているほか、英国や南アフリカなど海外で盗難車が発見されたり、暴力団が多数検挙されている状況がある。ただこれらの要因以上に日本におけるユーザーの『安全神話』が根強く自動車盗難に対する危機意識の低さが指摘されるところだ。こうした状況から、01年に関係省庁や関係団体で組織する自動車盗難などの防止に関するプロジェクトチームが設置され、盗難防止対策への取り組みを本格化している。今後ユーザー側でも危機意識を持ち、セキュリティシステムを導入するなど自己防衛策を図るようにしなければ自動車盗難の減少もありえないのではなかろうか。せっかく購入した車両なのだから大事にして頂きたいものである。


新車マッチング情報  TOYOTA アヴェンシスワゴン(AZ250W)
  純正データ
16inch  F:1665  +45  205/55-16  ハブ径 54パイ  100 5H
   R:1665  +45  205/55-16  ハブ径 54パイ  100 5H
17inch  F:1770  +45  215/45-17  ハブ径 54パイ  100 5H
   R:1770  +45  215/45-17  ハブ径 54パイ  100 5H


新商品紹介
◆RACING SPARCO NSO6 Cheetah(チータ) by CRIMSON
 アメリカラスベガス発!クリムソンが強力な新商品を世界に向けて送り出した。ひときわ大きく見せるその迫力あるデザインは見るものの心を魅了することだろう。エンケイMAT製法によって軽量化をとげクオリティに関しても高いものとなっている。カラーに関しては飽きのこないベー
シックなシルバーポリッシュを採用。BMWやAUDI、VWなど外車にも対応できるサイズバリエーション。もちろん国産車にもベストマッチなサイズをラインナップしております。
定価 50000円〜2004年1月発売開始!


◆VIN(ヴィークル・アイデンティティーナンバー)ガラスエッチング・システム by スプリットファイアージャパン
最新セキュリティーシステム登場!。通常エンジンルームやフレームにしか刻印されていない、車体番号を車の窓ガラスに刻むシステム。これにより、通常盗んだ車両の車体番号を改ざんして転売する泥棒もガラスまで交換(ガラス4面で約30万円)しないと転売できない為、その車両を盗むことを敬遠させることができます。盗難防止ガラスエッチングは欧米で10年以上の実績があり、フェラーリなどには新車時より採用。施工料金としては工賃が大半になる為、高粗利率を確保できます。、1キット定価28000円(約20台分)よりラインナップ。車検も問題ありません。詳細は当社フロントまで!
 

◆ MILENIUM TREATMENT(ミレニアム トリートメント) by タニダ
  今まで高価で採用されることのなかった化学成分を日本初採用。他社の追随を許さぬ程の極圧性能を持ちながら、エンジン内部を清浄化する高機能エンジンオイル添加剤。世界的にも権威のあるオイル業界紙「ルブリカンツワールド」誌において唯一年間製品賞も受賞。金属表面に強固な化学皮膜を形成し、さらにエンジンオイルを常にアルカリ性に保つことで摩擦や酸化による侵食からエンジンを保護します。環境に優しい添加剤です。
定価5800円
 


知識工場*豆蔵* 第四回 HIDについて
 最近では純正でも多く使用されているHIDシステム。ハロゲンバルブとの違いは一目瞭然!。根本的にフィラメントを持たないHIDシステムは発光カプセルに封入されているキセノンガスと、金属ヨウ化物に約2万ボルトの高電圧を加えることで、カプセル内の電子と金属原子を衝突、放電させることにより発光するシステム。消費電力は約2分の1、明るさは2〜3倍、寿命はハロゲンバルブの約5倍などメリットは数多くあります。また発光色に関しましても、限りなく太陽光に近い色の為、夜の視界性が大幅にアップ、雨の日の濡れた路面でも効果を発揮します。装着に関してはバルブのスペース的な問題に注意すれば、比較的容易に出来るようです。今まで取り付け不可とされていたリトラクタブル車対応のものも登場してきております。当社フロントまでお問い合わせください。車検に関してですが、現状市販されているものは車検に準ずる物がほとんどですが、基準としては光の色が白色または淡黄色(JIS規定色内)で、夜間100メートル前方の障害物を確認できること。左右の最高光度の合計が22万5000カンデラを超えないこと、などに合致すれば大丈夫のようです。



今月の情報
 * エンケイRP―F1 19インチサイズ追加。
 * ZERO1000パワーチャンバーキャンペーン実施中!
 * MONZA プレミアムDISH 好評発売中!
 * ジャンクション純白球キャンペーン実施中!
(キャンペーン詳細は当社フロントまでお問い合わせください)
   
◆年末年始休業のお知らせ◆
 12月29日 午後5時まで営業。
 12月30日〜1月4日まで休業させて頂きます。
 1月5日より通常営業いたします。
来年も皆様からのお電話心よりお待ちしております。



HOME/JAPAN 三陽 NEWS