JAPAN 三陽 NEWS
  2004年 3月号
ライフガレージ・キャンピング&RVショー2004
 国内最大のアウトドア展示会(ライフガレージ・キャンピング&RVショー2004)がこのほど東京ビッグサイトで開催された。今回は新たに輸入RVの出展が加わり102社が出展。3日間の開催期間中、前回を上回る14万2927人が訪れた。
 今回は、前回までのインターナショナルキャンピング&RVショーから名称を変更して開催した。日常生活に広がりつつあるアウトドアライフを広く、深く、自由に楽しんでもらうことを目的に企画。今回のテーマは(もっと自由に地球を遊ぶ!)である。
 国内自動車メーカーではホンダと富士重工業の2社と寂しい出展となったが、新たにフォードモーター、ボルボカーズ、メルセデスベンツ、ハマーなど輸入RVが加わり、彩り豊かな展示内容となった。ホンダは東京モーターショーに出展した8人乗りミニバンのコンセプトモデル(ASM)を中心に、新型オデッセイ、MDX、モビリオスパイク、バモスホビオなどを展示、富士重工は米のアウトドアブランド(LLビーン)仕様のフォレスター、アウトバッグ、ディアスワゴンを参考出品した。メルセデスベンツは今回(TINミニバス)を初出展。キャンピングカーのベース車としてよく利用される(トランスポーターTIN)と合わせて注目を集めた。ボルボは発表したばかりのV50やV40クラシックを展示した。キャンピングカーも軽ワンボックスを架装したものから、輸入高級車まで多様化している。ハイブリット車をベースに用いたキャンピングカーも登場した。その中で(日本サイズ)の手頃な商品群が豊富になったのが目立つ。価格も200万円台から400万円台と身近な価格帯が増加。来場者の関心を集めていた。


新車マッチング情報  MAZDA RX−8 (LA−SE3P)
純正データ  F:1880  +50  114.3 5H  225/45-18    
18inch  F:1890  +46  114.3 5H  245/40-18  クリアランス  -3mm
   R:1890  +46  114.3 5H  245/40-18  クリアランス  -7mm
19inch  F:1990  +48  114.3 5H  245/35-19  クリアランス  -6mm
   R:1990  +48  114.3 5H  275/35-19  クリアランス  -11mm


新商品紹介
◆MONZA ワーウィックプレミアム DISH ガンメタポリッシュ  by MONZA JAPAN
 高級感あふれるワーウィックプレミアムDISH。その魅力に更なる価値を与える為、ガンメタポリッシュを追加。ポリッシュのディスクにガンメタ色をプラスする事でその存在を静かにアピールします。15インチから19インチまでサイズバリエーションも豊富。コンパクトからワゴンミニバン、ビックセダンまで幅広く対応。値段も低価格に設定。初回分はすでに入荷済み。是非一度ご覧下さい。

《ガンメタポリッシュ定価》
1565 ¥22,000
1770 ¥27,000
1875 ¥33,000
1880 ¥34,000
1980 ¥41,000
 

◆ホットイナズマ ハイパー  by サン自動車工業
 大ヒット商品となったホットイナズマにハイエンドモデルの(ハイパー)が登場!街乗りからスポーツ走行まで全回転域をカバーするMRを基に低回転域での効果を更に強化したハイパーバージョン。独自の蓄電システムによりアクセルワークなどによる電流不足時にもバッテリーから各電装品へ安定した電流を供給し電圧を安定させます。ハイパーはバッテリーチェック機能も搭載。本体にシステムアップ用のアース接続スロットも搭載。オプションのシステムアップキット、ホットアースを同時装着することで更なる相乗効果が得られます。

《システムUPアース一本付属》
定価  23,800円
 

◆ダックスガーデン  by イバフル
 エアロパーツメーカー“ダックスガーデン”取引開始!その独創的なデザインはまさに今までとは違う個性をアピール。また車種ラインナップにおいてもボイジャーを始めシボレークルーズ、カルディナフロントバンパータイプ、イストにNEW Zなど幅広くラインナップ。今後もステージア他続々バリエーションを追加予定。自社でデザイン、マスターモデル製作までを行う為、ワンオフエアロ製作も相談できる。

その他扱い車種
NEW ムーブ
80スープラ 
マーチ    
MR2   
 


知識工場*豆蔵* 第六回 アーシングについて
 最近では巷でも随分定着してきたアースチューニング。その効能は、燃費アップ、オーディオの音質向上。トルクアップ、ヘッドライトの照度アップなどかなりのメリットがあります。最近ではマフラーアースなどの新商品も出てきております。しかしその原理はというところになると意外と知られていないのが現状かと思われます。一般的には車のメカニズムの仕組上マイナス電源はボディを通ってバッテリーへ戻ります。しかし実際にはボディを通すことによる抵抗がかなり有るのが現状です。特に最近の新型車などは軽量化をはかるにあたり樹脂パーツを多用している為ボディを通しての導電性が悪くなっているようです。これをスムーズに流すため直接アースを取るのが仕組みです。またマフラーアースに関しましては、高速に空気が流れるマフラー内では静電気が発生するそうです。これにより空気に粘性が発生してしまい空気抵抗が起きるとのこと。アースによりその静電気を除去してあげることにより空気の流れをスムーズにしトルク、燃費をアップさせる効果があるようです。手軽に出来るチューニング。お試し下さい。


今月の情報
 * スポーテックMONO10デザイン17インチ入荷!
 * モンローマジックキャンバーキャンペーン実施中!
 * ENKEI F1ホイルGETキャンペーン実施中!
 * ZERO1000パワーフィルター好評発売中!
 * RAYS第2弾 ベルサスキャンペーン開始!
   



HOME/JAPAN 三陽 NEWS