JAPAN 三陽 NEWS
  2004年 9月号
『夢サーキット』07年実現へ
 大阪府南部の新興都市、りんくうタウンを舞台に設定した公道レース「夢サーキット」構想が、実現に向けて歩みを進めている。旗振り役は大阪夢づくり委員会の67人のメンバー。目標は世界的に有名な「モナコGP」の日本版。実現すれば、日本初の市街地公道レースとなる。委員会ではレース開催による経済効果を背景とする大阪の観光客都市としての育成、拡大を狙う。実現のポイントには「民間の力を主導とし、産、官、学の足並みをそろえること」と指摘、07年の実現を目指し、準備作業はまもなく佳境を迎える。
「大阪の活性化」を看板に掲げるこの計画は、万国共通の人気を有するモータースポーツをツールにしたプロジェクトで、国内はもとより海外からの集客も視野に入れている。これによって観戦チケットを始め宿泊や移動、飲食、娯楽、土産など一連の消費を介する経済効果は一目瞭然で「大阪の活性化にとって最短かつ確実」としている。開催を見込むレースはあくまで公認レースである。委員会がイメージしているのは全国各地のサーキットで実施されているGT選手権など。これは国内や海外自動車メーカーがエントリーしており関心度も高い。その前哨戦に催されるのが、関西空港特設ステージで実施するJAF公認ダートトライアル「夢サーキット杯IN関空」だ。これは関西空港の開港10周年を記念したイベントで期待度は高い。
一方で夢サーキット実現には難問も残っている。行政、警察関係の了承や地域住民の理解などだ。そして、地域経済の活性化が最終目標であることを誰もが理解し協力できるような環境整備も必要になってくるだろう。関空イベントには約3万人の来場が見込まれている。同委員会では来場者らを対象とする署名活動を実施する考えで夢サーキットへの理解を促す。
大阪は古くから商業、商人の町として名を馳せた。今回のプロジェクトが実現すればモータースポーツの街として新たな冠が与えられることになろう。
 


新車マッチング情報  TOYOTA クラウンマジェスタ(DBA−UZS186)
純正データ  1770  +45  114.3 5H  215/55-17    
18inch  F:1885  +43  114.3  245/45-18  5H  クリアランス  -5mm
   R:1890  +48  114.3  275/40-18  5H  クリアランス  -10mm
19inch  F:1985  +38  114.3  245/35-19  5H  クリアランス  -5mm
   R:1990  +43  114.3  275/30-19  5H  クリアランス  -12mm


新商品紹介
◆BLITZ R―FIT(FUEL INTENSITY TRACER) by ブリッツ
  車種別、センサー別に±50%の燃料調整を可能とした多機能光通信対応のフュエールコントローラー登場!。好評のR―VITと究極の連動機能を発揮し、今までに無い簡単な燃料調整を可能にした。予め車種別のセッティングデータが入力されており、センサータイプ・気筒判別データ・車種を選択すればデータがロードされすぐに使えるイージーセットアップ機能を搭載。面倒なデータ入力作業が必要ありません。専用データ書き換え器(特約店限定)を使えばセッティングデータをパソコンで編集して入力することも可能。ジェットシルバーとマッドブラックの2色。
税抜定価
39,800円
 
 

◆零1000 POWER NEOウォーターライン by ZERO1000
 大好評だった燃料チューニングPOWER NEO。その効果は皆さんご存知の通り。今度はZERO1000ではエンジン内を潤滑する冷却水に目をつけた。ラジエーターロアホースのエンジンに近いところに締め付けるだけ。冷却水に強力な磁力を与えイオン化させ潤滑させることで、燃焼のジャマをするエンジン内の静電気を取り除き燃焼効率を向上させる。それにより省燃費、排気ガスの清浄、エンジンレスポンスアップなどの効果をもたらしてくれる。その効果は雑誌でも実証済み。是非お試しあれ。
税抜定価
16、800円
 

◆FABULOUS GENESIS by ファブレス
 完璧なる「工学」はついに「芸術」の領域へ。ファブレスがホイルの新世代を構築。最新のリム成形方法『MATプロセス』を採用しリム部の材料強度を大幅にアップ。結果リムの薄肉化に成功。従来の約3分の1の厚みとなった。また鋳造ならではのデザイン性もフルに発揮。MATプロセスの恩恵としてアンダーカットデザインを採用。これにより大幅な軽量化と視覚的に1クラス上のドレスアップを実現した。デザインと機能の融合。GENESIS(創世記)誕生!
サイズ1880〜
税抜定価
60、000円〜     
10.36kg〜
 


知識工場*豆蔵* 第十二回 セキュリティについて
 ここ数年で車両の盗難が急増している事は皆さんもご承知の事でしょう。以前は高級車ばかりを狙っていたのもここ最近ではイモビライザーの装着により激減している。そんな中今後は年式の古い車にも犯罪の手が伸びていくのは間違いないでしょう。そこで純正セキュリティ以外に後付けのセキュリティを装着するユーザーも少なくはありません。安価で威嚇作用のあるLEDタイプやステアリングをロックして動かせなくするものなど多種多様です。もっともポピュラーなのが異常感知タイプで、異常を感知して大音量のサイレンを発するタイプ。オプションセンサー等も豊富で自分に合ったものが見つけ易い。また純正以外の後付のイモビライザーも主流となってきている。純正装着も多いので、信頼性はかなり高いといえよう。しかし、車上荒しにはあまり効果が無いのがデメリットとなる。最新のモデルでは、車内の侵入者を感知すると車内に設置されたカメラが侵入者を撮影し携帯電話へ画像を送ってくれたり、盗難にあった場合にGPSを利用して車両の現在地までをも即座に通報してくれる機能を持ち合わせているものもあるが、契約料や通信料が非常に高いのがデメリットでもある。しかし盗難の被害は自らで守るしかないのが現状である。


今月の情報
 * REALドライカーボンサンシェード 取り扱い開始!
 * ゴルフ4エアロ アルピール取り扱い開始!。詳細はフロントまで。
 * ビレットスターブラックロード、クロームスペシャル定価変更。
 * ファブレスボンネットマスコット仕切変更。当社フロントまで。
 * ケージーエムスポーツ送料変更。お問合せ下さい。
 * PIVOTカーオーディオ用ステッピングゲージ。好評発売中。
   
◆ 9月の休日フロント営業のお知らせ◆
営業日 9/5、9/12、9/23、9/26
休業日 9/19、9/20 (社員研修の為) 
勝手ながら、休業とさせて頂きます。
 


HOME/JAPAN 三陽 NEWS